Just another WordPress site

転職で年収を考えるとやっぱり正社員を目指す方が良いでしょう

正規の社員に比べて、待遇に大きな違いがあるとの説がある契約社員の待遇についてですが、実際の収入に、どれくらいの差が出るのでしょうか。
テレビ番組によると、生涯取得額に換算して、およそ8000万円の差異が生じてしまうという衝撃的な調査結果が出たようです。転職の際に有利な資格というのは、専門職以外は少ないようですが、持っている資格が有利に働くという意味では、やはり、国家資格が最強のようです。
なかでも、建築・土木系の中には建築士のようにいわゆる「業務独占資格」と呼ばれるその資格を未取得のままでは実際に業務ができないという仕事も少なからずあるので、狙い目といえるでしょう。
不動産業界に転職したいと考えているのであれば、第一に宅建主任者資格を取られることが先決です。
宅建主任者資格の有無で、就職することが困難な企業も見受けられます。
業界ごとに必要な資格が変わりますから、転職の前に、仕事に見合った資格を取得されるのもいいアイデアかもしれません。
会社に拘束される時間が長くて辞めた場合は「生産性を優先して仕事を進めていきたい」、やりがいのない仕事を理由に辞めた場合はなどと言い換えると悪い印象を与えません。
消極的な転職理由でも表現次第で、履歴書に書くことを考えると、150字から200字ほどの文章が理想です。



▲Pagetop